セブ留学を手数料無料でサポート!『フィリピン留学情報館』

セブ留学情報館

『フィリピン留学情報館』
『フィリピン留学情報館』電話フリーダイヤル ネス留学センター
  フィリピン留学ってどう? フィリピン留学の特徴? 費用はいくらかかる? フィリピン留学・語学学校の選び方
  フィリピン留学・フィリピン英語について フィリピン留学・生活費はどれくらい? フィリピン留学・セブマップ フィリピン留学・衛生面は平気?


 

 


1)マンツーマンレッスンが豊富


1日2時間~4時間程度のマンツーマンレッスンが毎日受講できます。

これは人件費の安いフィリピンだから出来ること、欧米留学、
日本ではあり得ない贅沢なことです。

とりわけシャイ日本人にとってはマンツーマンレッスンは最適。
人目を気にせずスピーキング能力を高めることが出来ます。

また、マンツーマンレッスンはどんな年代やコースにも対応が可能。
お爺ちゃんでも子どもでも、TOEICでもILETSでもOKなところも魅力です。


2)綺麗な英語を身につけられる

フィリピン人の英語はネイティブと比較して綺麗な英語をしゃべります。

これは多くの方がネイティブでないため、
実際の会話でスラングや短縮した文法を使うことが少ないためです。


3)英語に集中できる環境

どこの学校も授業時間(6時間~11時時間)が長く、
他にやれることが少ないので 英語の勉強に集中出来ます。

また、3食、清掃、洗濯つきで家のことをする必要もないので、
あなたがすることは「英語の勉強」のみです。

4)生活費が安い

勉強以外にすることも少なく、3食つきの生活のため普段の生活費も
ほとんどかからりません。

その他の国にいても、日本にいるよりもお金を使う機会は
ほとんどないと考えて良いでしょう。



 

ただし!やはりフィリピンは発展途上国です。

語学学校によって、場所によっては相当の衛生面や治安の面での
覚悟が必要なことは否めません。

ちょっとここは日本人が住むにはきついなー、といった寮も正直あります。

また、中上級者にとっては、ボキャブラリーや言い回しの数が
ネイティブに比べて少ない点。

さらには、英語を使って何かをしようと思ったときに何も出来ないので、
ちょっと物足りないかもしれません。

初心者のかたで短期でグッと英語力を上げたい人、
フィリピン留学→ワーホリやアメリカ、イギリスなどに
留学というパターンがオススメです。

しかし、やはり安いですし、メリットも大きいと思います。

 


費用を計算する前に その1
フィリピン留学の費用>>